1. トップ
  2. 研究員・コンサルタント
  3. 研究員紹介
  4. 齋藤 尚登

主席研究員

齋藤 尚登Naoto SAITO

中国経済は10%成長の時代に終わりを告げ、質的向上を伴った6%~8%程度の安定成長をどれだけの期間維持できるかが問われようとしています。これからの数年間は少子高齢化への対応、産業構造高度化、需給ギャップ(供給過剰)の改善などの構造改革が待ったなしとなります。こうした構造問題を念頭に置きつつ、中国経済の現状と将来について、レポートしていきます。

  • 中国経済・株式市場制度

経済調査部

  • 1998年

    大和総研入社、中国・アジア経済担当を経て、欧州株式担当

  • 2003~2010年

    大和北京にて、中国経済、株式市場制度を担当

  • 2010年

    中国経済、株式市場制度を担当

  • 現在に至る

最新のレポート・コラム

さらに表示