1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2017年7月)アジアが主導する世界貿易の回復

新興国マンスリー(2017年7月)アジアが主導する世界貿易の回復

~世界景気を支える新たな軸となるか~

2017年07月05日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

経済調査部 エコノミスト 増川 智咲

経済調査部 研究員 永井 寛之

サマリー

◆2017年に入って世界貿易数量が回復してきている。輸入サイドではアジアを中心とした新興国の増加が際立ち、それが先進国を含むグローバルな輸出の回復に対応している。輸入増加のけん引役の一つは中国であるが、その品目のすそ野の広さは、インフラ投資や不動産関連投資の反動減などのマクロ的インパクトが抑制される可能性があることを示唆する。


◆輸入の回復はアジアの多くの国に及んでおり、必ずしも中国依存ではない。これが、製造業の分業体制の再配置の第二弾が始まった結果であるとすれば、アジアを軸とした世界貿易の回復には持続性が期待できる。それは世界経済の回復持続を補完する役割を果たすことにもなろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加