1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2014年8月)成長パフォーマンスの乖離は明確化へ

新興国マンスリー(2014年8月)成長パフォーマンスの乖離は明確化へ

~米欧主導の景気拡大を、どう活かすか~

2014年08月05日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

経済調査部 エコノミスト 新田 尭之

井出 和貴子

サマリー

◆IMFの世界経済見通し(改訂版)では、2014年の世界全体の成長見通しが下方修正されたものの、米・欧主導型で2015年に向けて回復の度を強めるというシナリオは維持された。新興国ではロシア、メキシコ、南ア、ブラジルの成長見通しが大きく下方修正されている。


◆米国の景気拡大が持続的なものであれば、同国の金利引き上げは時間の問題となる。だが、これが新興国の脅威となる可能性は減じている。昨年来の「テーパリング騒ぎ」の中で、出るべき資本の多くは新興国から出ていると考えられるからである。もっとも、だから米・欧の景気拡大の恩恵を新興国が等しく享受できるというものでもない。IMF同様、2015年は新興国全般の景気拡大の年と見たいが、同年に向けて、国による成長パフォーマンス格差がより明確化することも予想される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加