1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国:▲6.8%成長、ゴー・サインの難しさ

中国:▲6.8%成長、ゴー・サインの難しさ

「正常化」は年後半以降

2020年04月17日

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

サマリー

◆中国国家統計局によると、2020年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比マイナス6.8%(以下、変化率は前年比、前年同期比)に落ち込んだ。

◆中国国内の新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)感染拡大は収束したが、中国政府は景気浮揚のためのゴー・サインをなかなか出せないでいる。大和総研では、4月~6月の実質GDP成長率も前年割れが続くと想定している。

◆中国経済の本格回復には、世界的な感染拡大の抑制、そして景気浮揚策の発動が鍵を握る。後者については、5月中旬以降にも開催が予想される全人代、具体的にはインフラ投資のための地方政府特別債券の大幅増額や、13年ぶりの特別国債の発行とその用途が注目される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加