1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国:投資主導の景気回復と節約の大号令

中国:投資主導の景気回復と節約の大号令

注目される「両新一重」(新型インフラ、新型都市化、重要インフラ)

2020年08月21日

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

サマリー

◆中国経済は2020年1月~2月をボトムに回復が続いている。固定資産投資は1月~2月の前年同期比24.5%減(以下、変化率は前年同期比、前年比)から1月~7月には1.6%減へとマイナス幅が大きく縮小した。今後、インフラ投資で注目されるのは「両新一重」と呼ばれる、新型インフラと新型都市化に関連する投資、それに交通インフラや水利など重要インフラへの投資である。

◆小売売上は2020年1月~2月の20.5%減から1月~7月は9.9%減にマイナス幅が縮小したが、投資と比べて消費の回復は鈍い。習近平国家主席は8月11日、飲食の浪費行為の抑制と節約を美徳とする旨の重要指示を発出し、レストラン収入回復の逆風となるとみられている。浪費抑制・節約推進の主張はもちろん正しいのだが、問題はコロナ禍からの立ち直りのさなかというタイミングであることと、政治が主導して火の着いた運動は往々にして行きすぎるきらいがあることである。

◆今後も中国経済は投資主導で回復が続こう。2020年の実質GDP成長率は2.1%程度と、主要国が軒並み大幅なマイナス成長に落ち込むとみられる中で、プラス成長を維持しよう。2021年は7.1%程度と予想している。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加