1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2016年2月)中国の製造業という世界の重石

新興国マンスリー(2016年2月)中国の製造業という世界の重石

~新興国は引き続きリスク・オフへの備えを~

2016年02月03日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

井出 和貴子

新田 尭之

サマリー

◆米国にかかわる焦点は、利上げの回数から景気拡大の持続性に移りつつあるが、新興国とすれば、リスク・オフへの警戒を継続せざるを得ない状況が続くことに変わりはない。


◆中国では最低賃金の大幅引き上げが継続すると伝えられているが、近年の賃金上昇ペースの速さは、同国における製造業の生存領域を急速に狭めてきた可能性がある。「サービス化」の進展はその結果に過ぎない。中国の製造業と言えば、鉄鋼など重厚長大産業の過大生産能力が注目されがちだが、成長率との関係で重要なのは、現在正常に稼働している企業が競争力を失って稼働が止まり、その資産が不良化することである。最低賃金の大幅引き上げは、中国発混乱が今後も継続することを予見させるニュースである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加