1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国:ウィズコロナの中国経済見通し

中国:ウィズコロナの中国経済見通し

1月~2月をボトムに緩やかな改善が続く。牽引役は投資>消費

2020年06月23日

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

サマリー

◆中国経済は2020年1月~2月をボトムに緩やかに改善している。固定資産投資は1月~2月の前年同期比24.5%減(以下、変化率は前年比、前年同期比、前年同月比)から1月~5月は6.3%減にマイナス幅が縮小し、5月単月ではプラス転換を果たした。牽引役はインフラ投資と不動産開発投資である。一方で、自動車販売を除き、消費の戻りはやや鈍い。飲食店では1テーブル当たりの使用人数制限はかなり緩み、賑わいを取り戻しつつあると聞くが、5月のレストラン収入は2桁の減少が続いた。

◆大和総研による2020年、2021年の中国経済見通しに変更はない。2020年は年後半に成長率はプラスに転換しようが、年間の成長率はゼロ近傍となろう。2021年は7.8%程度と予想するが、これは2020年がかつてない低成長にとどまる反動によるものである。2020年、2021年の実質成長率は平均で3.9%と、コロナ前に当面の巡航速度とされた6%程度を大きく下回ることになろう。ウィズコロナの中国経済は緩やかな回復が想定される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加