1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2015年3月)景気拡大のすそ野の広がりに期待

新興国マンスリー(2015年3月)景気拡大のすそ野の広がりに期待

~世界経済の不確実性が緩和~

2015年03月04日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

井出 和貴子

経済調査部 エコノミスト 増川 智咲

新田 尭之

サマリー

◆ギリシャのユーロ圏離脱というリスクが遠のいたことは、当面の世界経済、金融市場の不確実性の緩和に貢献している。ギリシャ支援の延長が問題の先送りにすぎないことは確かだが、今回の一連の交渉は、ギリシャ、EUともにギリシャのユーロ圏離脱回避に高いプライオリティを置いていることを示した。4月末、4か月後などのイベントごとにギリシャ問題が市場の不安定化をもたらすといった懸念は小さくなった。


◆原油価格が下げ止まったことも、不安要因の後退に数えられる。実体経済的には価格下落のメリットは大きく、米国依存が鮮明だった世界経済の回復のすそ野が、先進国全体、さらにアジアへと、今後広がっていくことが期待される。しかし、野放図な価格下落は原油産出主体のバランスシートを毀損し、金融問題を惹起する可能性を持つ。さしあたり、その深刻化のリスクは避けられた。


◆競争的金融緩和は、景気拡大のすそ野の広がりを後押しすると期待されるが、政策で逆行する米国がドル高にどこまで耐えられるかを問うことにもなろう。過度なリスク・オンを惹起する可能性があることも競争的金融緩和の潜在的なデメリットである。反動的なリスク・オフが新興国を最大の被害者とするであろうことは、昔も今も変わらない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加