1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2015年12月)2016年は新興国回復の年?

新興国マンスリー(2015年12月)2016年は新興国回復の年?

~米国利上げよりも、中国景気~

2015年12月03日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

経済調査部 エコノミスト 増川 智咲

井出 和貴子

新田 尭之

サマリー

◆2016年の新興国経済の帰趨を決めるうえで注目すべきは、資源価格、中国景気、米国利上げのインパクトであろう。IMFは新興国全体の成長率が2015年見込みの4.0%から4.5%に回復するとみているが、中国に関しては6.8%から6.3%に減速するとしている。これらが両立するとは考えにくい。


◆これまで新興国の成長率は中国のそれと同調的に動いてきた。2016年は新興国全体、中国ともに、2015年と同程度の成長率で安定化することになろう。米国利上げのインパクトは大きくないと考えられるが、新興国各国には自国通貨安を容認し、介入によって外貨準備の費消を避ける我慢強さが求められる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加