1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国:不動産過剰在庫削減が「政治任務」化

中国:不動産過剰在庫削減が「政治任務」化

景気減速に歯止めを掛ける必要性がこれまで以上に高まる

2016年02月22日

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

サマリー

◆中国では2016年に入っても政策対応の拙さや不透明性に起因するマーケットの混乱・動揺が続いている。2016年2月20日には、証券行政トップである中国証券監督管理委員会(CSRC)主席が肖鋼氏から劉士余氏に交代したことが明らかになった。肖鋼氏は2013年3月にCSRC主席に就任してから、3年足らずでの交代である。昨年夏以降の中国株式市場混乱の監督責任が問われた、事実上の更迭と見られている。


◆株価や為替を直接コントロールする政策が効かない、あるいは弊害が大きいのであれば、中国政府は、市場を取り巻く経済のファンダメンタルズの改善に専念すべきである。景気減速に歯止めをかける必要性がこれまで以上に大きく高まっている。その鍵を握るのが不動産過剰在庫の削減であり、この成否が当面の中国景気の浮沈を左右するといっても過言ではない。現地では、不動産過剰在庫の削減は、単なる経済問題ではなく、「政治任務」であるとの表現が使われ始めたほどである。


◆このため、2016年2月以降は、①住宅ローンの頭金比率のさらなる引き下げ、②住宅購入の際の契約税の軽減、③農民工の市民化加速による住宅実需の増加、など、既に昨年春以降大きく回復している住宅販売をさらに刺激する政策の発表が相次いでいる。こうした政策が奏功し、地方都市で不動産過剰在庫が削減されていけば、これまで急減速してきた不動産開発投資が底打ち・回復していくことが期待できるようになる。鉄鋼、セメントなど裾野産業が広い不動産開発投資の底打ち・回復は、固定資産投資全体の浮揚のきっかけとなる可能性があるだけに、今後の動向が注目される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加