1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2015年5月)ドル高収束が新興国にもたらすメリット

新興国マンスリー(2015年5月)ドル高収束が新興国にもたらすメリット

~歓迎すべき欧州金利の上昇~

2015年05月11日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

井出 和貴子

経済調査部 エコノミスト 増川 智咲

新田 尭之

サマリー

◆ユーロ圏を中心に長期金利の上昇が目立っているが、デフレ懸念にベットした極端な金利低下の反動に他ならず、マイナス金利が跋扈する異常事態が解消、少なくとも緩和に向かうのは喜ばしいことである。オーバーキルで景気回復が阻害されるとか、そういう懸念を要する状況ではない。


◆また、米国のみをけん引役とした状況から、欧州が持ち直し、米国が減速することで両者の成長パフォーマンスの乖離が縮小することは新興国にとってプラスに作用する可能性が高い。それがドル高収束をもたらせば、対外債務をドルで抱える新興国、新興国企業のバランスシートを改善させるからである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加