1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 日中金融協力が進展、人民元ビジネス拡大へ

日中金融協力が進展、人民元ビジネス拡大へ

日本に2,000億元(約3.4兆円)のRQFII投資枠を付与

2018年05月10日

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

サマリー

◆日本の安倍晋三首相と中国の李克強首相は5月9日、首脳会談を行い、日中金融協力の強化で合意した。RQFII枠の付与と通貨スワップ協定の締結、人民元クリアリング銀行の設置は、人民元ビジネス拡大をサポートする「3点セット」と呼ばれるものである。今回は、中国が日本に2,000億元(約3.4兆円)のRQFII枠を付与することで合意し、残る通貨スワップ協定の締結と人民元クリアリング銀行の設置も早期実現で合意をみた。

◆「3点セット」の実現は、日本の人民元ビジネス拡大の好機となるだけに、今後の動向が注目されよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加