1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2016年3月)世界の「異常な新常態」を正常化するには

新興国マンスリー(2016年3月)世界の「異常な新常態」を正常化するには

~財政政策への期待~

2016年03月03日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

井出 和貴子

新田 尭之

サマリー

◆G20のコミュニケに目新しさはないが、過度の金融政策への依存を改め、財政金融政策のバランス回復を目指すことは、世界経済にかかわる不確実性の軽減に資する可能性がある。Abnormalの象徴と化している金融政策は、少々わかりにくすぎる。


◆現在の世界経済の二大懸念は、米国景気の拡大余力、及び中国経済の底の深さの二つであろうが、財政活用との関連から最も重要なのは中国である。同国の複合的問題を財政政策によって解決することは不可能だが、まずは循環的な成長率減速を止めることに注力することが望まれる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加