1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国:21年の経済政策運営の重点を読み解く

中国:21年の経済政策運営の重点を読み解く

国内大循環と双循環、出口戦略

2020年12月22日

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

サマリー

◆2020年12月16日~18日に中央経済工作会議(以下、「会議」)が開催された。「会議」は2021年の経済政策運営の重点として、①国家の戦略的科学技術力の強化、②産業チェーン・サプライチェーンの自立的なコントロール能力の増強、③内需拡大を戦略的ベースとすることの堅持、④改革・開放の全面的推進、⑤優良種子・耕地問題の解決、⑥反独占と資本の無秩序な拡張の防止強化、⑦大都市の住宅の突出した問題の解決、⑧カーボンニュートラル活動の推進、の8項目を掲げた。

◆2021年の財政・金融政策については、積極的な財政政策と穏健(中立的)な金融政策を維持することが決定された。とはいえ、2020年はコロナショックとそれからの立ち直りの過程で、財政はより積極化され、金融も大幅に緩和された経緯がある。「会議」では政策の持続性と安定性を維持すること、社会資金調達金額(経済全体の資金調達金額)の伸び率と、名目GDP成長率が同程度となること、などが求められた。2021年の危機対応からの出口戦略は、引き締めすぎを回避したソフトランディングが目指されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加