1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2017年5月)株高再来は世界経済への再評価か?

新興国マンスリー(2017年5月)株高再来は世界経済への再評価か?

~すそ野が広がりつつある世界経済の拡大~

2017年05月09日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 経済調査部長 山崎 加津子

新田 尭之

経済調査部 研究員 永井 寛之

サマリー

◆IMFは2017年の世界成長率の見通しをわずかではあるが久々に上方修正した。米国に依存してきた世界経済の拡大のすそ野が広がりつつあるという現状の追認であるとまとめられよう。特に、米国景気がマチュアになる中で、循環的にはより若いユーロ圏の景況感が改善していることが重要である。


◆4月以降、米国株価が再上昇し、ドルの対円レートも持ち直してきているが、これは「トランプ相場」の再来というよりも、よりバランスのとれた世界経済を市場が改めて評価している結果であると考えられる。もっとも「トランプ相場」の特徴であったリスク・オンの勢いは後退し、新興国の外部環境は若干悪化する可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加