1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2017年9月)新興国:良好な外部環境の継続性

新興国マンスリー(2017年9月)新興国:良好な外部環境の継続性

~足元で強まる先進国のけん引力~

2017年09月05日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 経済調査部長 山崎 加津子

経済調査部 エコノミスト 増川 智咲

経済調査部 研究員 永井 寛之

サマリー

◆新興国主導で始まった世界貿易の伸びが先進国に波及し、4-6月期は先進国の成長加速に合わせてその輸入数量の伸びが持ち直している。新興国にとって実体経済的にも、金融環境的にも良好な外部環境が維持されている。


◆こうした状況が変調を来すとすれば、米国の引き締め強化による金融環境の悪化よりも、むしろ米国景気の鈍化による実体的な環境悪化の蓋然性が高いと考えられるが、その際には、米国ほど景気がマチュアではないユーロ圏が世界経済を支えよう。いずれ、新興国自身のバブルを心配しなければならない局面が来ることもあろうが、そこそこ良好な新興国の外部環境は暫く継続しよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加