1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2016年10月)再び、新興国の時代到来か?

新興国マンスリー(2016年10月)再び、新興国の時代到来か?

~“Push”のカネが“Pull”のカネに変わるとき~

2016年10月05日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 経済調査部長 山崎 加津子

新田 尭之

サマリー

◆新興国版のOECD景気先行指数が今年に入って改善しており、足元では先進国(G7)を上回った。資源価格の底入れに加え、新興国への資金流入が景況感を改善させているとみられる。


◆現在、新興国に流れているのは先進国の金融緩和が生んだ“Push”のカネであり、新興国の成長期待が呼び込む“Pull”のカネとは性質が異なる。先進国と新興国の成長はゼロサムではなく互恵的であるはずだという意味で、現在の“Push”のカネに依存した新興国の景況感改善の持続性には懸念もある。


◆もっとも、どのようなカネであれ、バランスシート修復や金融緩和余地の創出などを通じて、新興国のダウンサイドリスクが低下するというルートは存在する。ここを起点として、“Push”のカネが“Pull”のカネを誘発する可能性もないわけではない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加