1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2017年3月)ベストに近い新興国の外部環境

新興国マンスリー(2017年3月)ベストに近い新興国の外部環境

~懸念される米中摩擦と人民元問題への波及~

2017年03月03日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 経済調査部長 山崎 加津子

新田 尭之

経済調査部 研究員 永井 寛之

サマリー

◆米国を軸として、短期的には世界経済は明るさを増している。中国景気が小康状態にある一方、資源価格は堅調であり、新興国の外部環境はベストに近い状態にある。その持続性との関係で、さしあたり問われるのは、米国の景気拡大期待が今後も温存されるかである。


◆トランプ政権にかかわる好材料は、(不法)移民に対する姿勢を軟化させているとみられることである。完全雇用近傍にある米国経済の拡大を可能な限り長期化させるために必要なのは、雇用の拡大ではなく労働供給の拡大、ないしは生産性の向上だからである。


◆一方、米国の通商政策は引き続き混乱しており、それが米中摩擦を激化させることが懸念される。その最悪の帰結は、中国に早期の人民元変動相場制への移行を決断させることである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加