1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国:21年の政府成長率目標は6.0%以上

中国:21年の政府成長率目標は6.0%以上

キーワードは継続性、安定性、持続可能性。出口戦略は慎重を期す

2021年03月05日

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

サマリー

◆2021年3月5日に、第13期全国人民代表大会(全人代)第4回全体会議が開幕し、2021年の政府成長率目標は6.0%以上(以下、変化率は前年比、前年同期比)と設定された。中国経済は2020年1月~3月の▲6.8%からV字回復を遂げている。2020年が2.3%という低成長にとどまったこともあり、2021年は大きな反動が期待できる。すなわち6.0%以上という成長率目標は正に最低ラインであろう。大和総研は8.0%程度の成長を想定している。

◆政府活動報告における重点活動の章立てを見ると、その年の重点政策が分かる。2021年の筆頭は「マクロ政策の継続性、安定性、持続可能性を保ち、経済が合理的範囲内で動くよう促す」となっている。これに対して、2020年のそれは「マクロ政策の実施に力を入れ、企業の安定化と雇用の保障に努める」であった。2020年はコロナ禍での「雇用維持」に焦点が当たり、2021年はアフターコロナにおける「拙速な出口戦略の回避」がキーワードになっていることが分かる。出口戦略は慎重に行われよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加