1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2016年9月)G20後の世界経済

新興国マンスリー(2016年9月)G20後の世界経済

~「保護主義反対」は掛け声倒れに?~

2016年09月05日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 経済調査部長 山崎 加津子

新田 尭之

サマリー

◆8月の米雇用統計は今一つ冴えなかったものの、「外部環境」との兼ね合いからは、米国の早期利上げは望ましいように思える。特にグローバル金融市場がBrexitショックをごく短期で消化した頃から、リスクに寛大な動きが強まり過ぎてきた感があるためである。


◆世界経済の成長鈍化は貿易取引の停滞と同時進行しており、貿易の活性化が成長再開の有効な手段となり得る。しかし、このところ強まる、自由貿易が生む敗者に迎合しようとする政治的ムーブメントは当面継続しそうである。一つには2017年にかけ、欧米の「政治の季節」が継続するためである。G20では保護主義反対が声高に宣言されるのだろうが、それが実効性を持つと期待することは難しい。


◆貿易取引の停滞継続は特に貿易への依存度の高いアジアを中心とする新興国には痛手である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加