1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国:投資主導で急回復。次は「接触型」消費

中国:投資主導で急回復。次は「接触型」消費

成長率見通しを上方修正。米国を中心とする対外関係悪化に要注意

2020年07月21日

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

サマリー

◆中国国家統計局によると、2020年4月~6月の実質GDP成長率は前年同期比3.2%(以下、変化率は前年比、前年同期比)と、1月~3月の▲6.8%から急回復を遂げた。コロナ・ショックにより世界同時不況の様相を呈する中、中国経済はいち早く最悪期を脱し、投資主導で回復過程を辿っている。消費の回復は鈍いが、不振が続く「接触型」の消費についても、慎重かつ段階的な緩和が行われ、徹底的な衛生管理(行動履歴管理を含む)の下、今後は改善のペースを上げていくことが期待される。

◆4月~6月の中国経済が想定を大きく上回る回復を見せたことを受け、大和総研は2020年の実質GDP成長率予想を従来の0.1%から2.1%に引き上げる。2021年は7.1%(従来は7.8%)程度と予想する。2020年、2021年の実質成長率は平均で4.6%(従来予想は3.9%)と、コロナ前に当面の巡航速度とされた6%程度を下回ることになろうが、主要国の中で相対的に高いパフォーマンスが想定される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加