1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2015年8月)ドル高が分ける新興国の明暗

新興国マンスリー(2015年8月)ドル高が分ける新興国の明暗

~通貨の下落が新興国を救う~

2015年08月05日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

経済調査部 エコノミスト 増川 智咲

井出 和貴子

サマリー

◆ドル高・新興国通貨安は、米国金融政策転換によって新興国が被る苦境の象徴のように見られがちだが、それは逆である。最近のプエルトリコ、エクアドルの財政危機が示すのは、実効為替レートの上昇が経済を窒息させ、財政破綻の可能性を高めるということである。対ドルレートの下落は、むしろ新興国を危機から救うのである。


◆その点、メジャーな新興国で危機的状況が惹起される潜在的要因を持つ国は中国ということになるが、同国の外貨準備大国としての地位に揺らぎが生じるとは考え難く、景気循環的には同国にはアップサイドリスクも見えてきている。IMFは2016年に新興国全体の成長率が2010年以来初めて加速すると予想しているが、その実現可能性は高いとみたい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加