1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2019年2月)FRB発リスク・オンで新興国復活?

新興国マンスリー(2019年2月)FRB発リスク・オンで新興国復活?

~市場→実体経済は再現するか~

2019年02月05日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 経済調査部長 山崎 加津子

経済調査部 主任研究員 市川 拓也

経済調査部 研究員 中田 理惠

サマリー

◆2018年、新興国はドル金利の上昇という市場の変調を起点として、実体経済が圧迫を受けた。見様によっては、今、逆のことが起きている。新興国通貨は反転し、金融引き締めの必要性が薄れ、景況感の改善の余地が生まれている。

◆しかし、市場→実体経済という流れの再現は、相当なナローパスであるように思われる。一つには市場が織り込み切れていない、実体経済的な悪いニュースが、現在のリスク・オン的状況を霧散させる可能性がある。第二の難点は、リスク・オンをもたらしたのがハト派的姿勢を強めるFRBだったことだ。リスク・オンの持続には世界的な景況感の悪化が避けられること、FRBの利上げ回避が継続することの両方が必要だが、前者に対してFRBが対処できる余地はほとんどない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加