1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2014年5月)ウクライナ危機と中国リスクをどう見るか

新興国マンスリー(2014年5月)ウクライナ危機と中国リスクをどう見るか

~新興国の経常収支は中期的に改善の方向~

2014年05月08日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

新田 尭之

井出 和貴子

サマリー

◆短期的なアップダウンはさておき、グローバルなリスク許容度は好転の方向にあり、新興国を取り巻く外部環境は改善している。多くの国で見られ始めている経常収支赤字の縮小は、中期的なトレンドとなる可能性が高い。緊縮財政等を背景とする欧米の経常収支黒字化(赤字縮小)の圧力が緩和しつつあるからだ。


◆ウクライナではロシアの対応も抑制されたものであり、局地紛争を超えた、大国・地域間の経済紛争に発展する可能性は極めて低い。また、中国の減速は同国の経済体質の変化を踏まえた、政府に「容認された減速」であることに注意したい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加