1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2017年1月)2017年の新興国経済

新興国マンスリー(2017年1月)2017年の新興国経済

~好循環の持続性は?~

2017年01月06日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

新田 尭之

経済調査部 研究員 永井 寛之

サマリー

◆現在はAmerica Firstを標榜するトランプ氏の政策への期待が、日欧を潤し、新興国にもほぼ中立という奇妙な状況にあるが、その持続性は疑ってかかるべきである。やはりトランプ氏が志向する政策は新興国にとって潜在的なリスクが大きいという基本に立ち返る必要があろう。


◆保護主義蔓延が新興国にとって危険なのは、新興国の輸出ではなく、新興国における投資を減らすからである。保護主義はそれを発動する国も傷つけずにはいないが、米国には製造業の生産性の低下や産出価格の上昇を乗り切る体力がある。しかし、新興国にとって、先進国とのリンケージは命綱に等しい。トランプ政策が新興国の成長再開のきっかけを奪うリスクは軽視できなくなっている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加