1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2016年11月)新興国経済、加速の条件

新興国マンスリー(2016年11月)新興国経済、加速の条件

~資本移動反転の可能性と先進国の政治リスク~

2016年11月04日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 経済調査部長 山崎 加津子

新田 尭之

経済調査部 研究員 永井 寛之

サマリー

◆IMFは新興国全体の成長率が2015年の4.0%を底として、2016年4.2%、2017年には4.6%に加速すると予想している。2016年が2015年よりも波乱の少ない年であったことは確かだが、2017年に向けて加速が継続するにはいくつかの条件がある。


◆一つは、最近の新興国への資本流入が大きな流出に転じないことである。もっとも、流入が継続すれば良いというものでもない。それは後の反動の規模を大きくするリスクを伴う。


◆先進国の政治が金融市場のリスクオフを惹起することがないかにも注意が求められる。ブレグジットの決定が予想された英国経済の減速を今のところもたらしていないことが、メイ英国首相を含む残留派への攻撃材料となっていることは不気味な動きである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加