1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国香港双方向の株式投資直通列車が開通へ

中国香港双方向の株式投資直通列車が開通へ

上海市場の健全化と魅力向上を推進しなければ一方通行の可能性も

2014年04月11日

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

サマリー

◆中国証券監督管理委員会(CSRC)と香港証券先物事務監察委員会(SFC)は、2014年4月10日付けで中国の投資家が香港上場株を、香港の投資家が上海上場株を売買する、双方向の株式投資のテストを認める旨の公告を発表した。6ヵ月後に実施の予定。


◆香港から上海市場への1日当たりの投資上限は130億元、2014年3月の1日当たり上海A株売買金額は889億元、同様に中国から香港市場への1日当たり投資上限は105億元、香港市場の株式売買代金は713億香港ドル(566億元)であり、実施後の短期的なインパクトは決して小さくない。


◆もちろん、どちらか一方への資金流入のみが活発化する可能性もある。可能性が高いのは中国から香港への資金流入であろう。①香港市場の投資主体は域内外の機関投資家・個人投資家がそれぞれ存在感を持ち、上海市場との比較でより合理的な株価形成が期待される、②香港市場の規則や情報開示はより透明性が高く、厳格に適用されている、③株式新規公開(IPO)が活発な香港では、より多くの新たな投資機会が提供されている、ことなどから、中国の国内投資家が上海株を売却して、香港株に資金をシフトさせる(香港の投資家は引き続き香港株を選好)といったことも十分に考えられる。今回の「双方向の株式投資」は、上海株式市場の健全化と魅力向上を一段と推進するきっかけともなりえよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加