1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国マンスリー(2015年2月)ギリシャ問題に注視を

新興国マンスリー(2015年2月)ギリシャ問題に注視を

~広範な金融緩和開始は好材料~

2015年02月04日

経済調査部 経済調査部長 児玉 卓

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

経済調査部 主席研究員 山崎 加津子

井出 和貴子

経済調査部 エコノミスト 増川 智咲

新田 尭之

サマリー

◆ECBの量的緩和は新興国にとっては好材料であろう。特に、米国が金利引き上げに動く場合、新興国からの資本流出圧力の緩和に資すると期待される。


◆これまでの原油価格の急落、多くの新興国でも開始された金融緩和などの効果により、2015年の世界経済の成長率は緩やかな加速が見込まれる。その際、最大のリスクはギリシャのユーロ圏離脱である。現時点でその可能性が高いとは言えないものの、同国と債権者との債務再編交渉に関する不透明感は極めて強い。ユーロ圏離脱はペッグ外しと同様の効果を持つが、そのコストがばかにならないことはスイスフランの急騰が示した通りである。もちろん、ギリシャのユーロ圏離脱に伴う同国通貨の変動幅は、スイスフランのそれを大幅に上回るはずである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加