1. トップ
  2. パブリシティ
  3. 書籍
  4. 最新 中国金融・資本市場

最新 中国金融・資本市場

最新 中国金融・資本市場

  • 定価:

    3,200円(税別)

  • 著者:

    川村 雄介(監修・著)、公益財団法人日本証券経済研究所(編)

  • 発行:

    2013年2月20日 348p

  • 発行所:

    一般社団法人金融財政事情研究会

内容

「最新 中国金融・資本市場」は、公益財団法人日本証券経済研究所の「アジア資本市場研究会」の研究成果をまとめたものです。大和総研からは、川村雄介副理事長が同研究会の主査を務め、本書の監修と第6章「中国債券市場の歴史と概況」を執筆し、経済調査部の齋藤尚登シニアエコノミストが、第4章「中国の三板市場」を執筆しています。

本書は、成長と変貌著しい中国の資本市場に焦点を当て、人民元、株式・債券市場、店頭市場、中小企業金融、第12次5ヵ年計画と金融自由化など、中国の資本市場の現状ならびに今後の発展の方向性などについて、調査分析がなされています。折しも2012年11月には、習近平総書記をトップとする新指導部体制が発足しました。今後10年の中国の資本市場改革を展望するに当たり、本書が些かでも役に立てば幸いです。

目次

  • 第1章

    人民元の自由化

  • 第2章

    中国辺境地帯にみる人民元の国際化

  • 第3章

    中国の証券取引所市場について

  • 第4章

    中国の三板市場

  • 第5章

    中国の創業板における短期株価パフォーマンス

  • 第6章

    中国債券市場の歴史と概況

  • 第7章

    中国資本市場の主要プレーヤー

  • 第8章

    中国における中小企業金融の概要

  • 第9章

    中国の第12次5カ年計画と金融自由化

著者リンク

書籍TOPへ戻る