習近平一強の中国はどこへ向かうのか

~20回党大会と党人事を読み解く~『大和総研調査季報』2023年新春号(Vol.49)掲載

RSS

2023年01月23日

  • 経済調査部 経済調査部長 齋藤 尚登
  • 経済調査部 研究員 中田 理惠

サマリー

習近平総書記の党大会報告についてワードクラウドを用いて分析した結果、その根底に2つの意識が読み取れた。1つ目は米国との対立への備えである。習近平政権3期目は、新たな発展目標である「中国式現代化」の下、科学技術や安全保障などにおける自立・強化を図っていくだろう。2つ目は党中央による統治能力の堅持・強化である。報告では「法治」という言葉が繰り返し強調されており、今後は法及び監督制度整備によって党中央による統一的な管理体制が強化されていくとみられる。

党人事では習近平一強体制が誕生し、その弊害が大いに懸念される。習氏の政策がたとえ誤りであったとしても途中での軌道修正が難しくなる。さらに、行きすぎた忖度は、政策の立案・遂行が習氏の意図を超えて、あるいは意図に反して暴走するリスクをはらむ。習氏は社会主義的な志向が強く、今後はこうした政策が強化される可能性が高い。

2023年の中国経済はウィズコロナへの転換が貫徹できれば、過去3年分のリベンジ消費を牽引役に、前年比6%超の成長も期待できる。一方で、ゼロコロナ政策への揺り戻しが起これば3%成長もあり得る。

大和総研調査季報 2024年新春号Vol.53

大和総研リサーチ本部が長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

大和総研調査季報(最新号はこちら)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。