1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国:資本取引自由化のロードマップ

中国:資本取引自由化のロードマップ

3段階に分けた長期戦略

2012年03月02日

経済調査部 主席研究員 齋藤 尚登

サマリー

◆中国人民銀行(中央銀行)調査統計司のプロジェクトチームが、「中国の資本取引の開放を加速する条件は基本的に熟した」と題するレポートを発表した。資本取引の自由化に向けたロードマップを当局が初めて示した点で注目される。

◆レポートは、今後の資本取引自由化について、3段階に分けた長期戦略を提案している。原則は、「先に中国への流入・後に中国からの流出」、「先に長期取引・後に短期取引」、「先に直接投資・後に証券投資」、「先に機関投資家・後に個人投資家」、「先にプライマリーマーケット・後にセカンダリーマーケット」、「先に非居住者による国内取引・後に居住者による海外取引」であり、先ずはリスクが小さい分野から着手し、後にリスクが大きい分野に踏み込むとしている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加