1. トップ
  2. 研究員・コンサルタント
  3. 研究員紹介
  4. 神田 慶司

経済システム調査グループリーダー シニアエコノミスト

神田 慶司Keiji KANDA

神田 慶司

日本経済は戦後二番目に長い景気回復が続く中、企業収益は拡大し、賃上げが中小企業でも行われるなど前向きな動きが広がっています。他方、デフレからの完全脱却や生産性の向上、働き方改革、地方創生、財政・社会保障制度の持続可能性の確保などは十分に進んでいるとは言えません。マクロモデルによる長期予測やシミュレーション、先行研究を踏まえた定量分析などを通じて、日本の経済社会が抱える構造問題の解決に貢献してまいります。

  • 日本の経済社会の長期的課題、経済政策に関する調査・分析

政策調査部

  • 2004年

    一橋大学経済学部卒業、大和総研入社

  • 2005年

    日本経済担当

  • 2008年~10年

    内閣府政策統括官室(経済財政分析担当)へ出向

  • 2010年

    日本の経済・社会構造分析、中長期予測担当

  • 現在に至る

  • 日本証券アナリスト協会検定会員
  • 日経・CSISバーチャル・シンクタンク 第3期フェロー(2015-2017)
  • 週刊ダイヤモンド 連載コーナー「数字は語る」を担当(2015-)
  • 外務省「対日理解促進交流プログラム(北米地域:カケハシ・プロジェクト)」に参加(2016)
  • 参議院企画調整室客員調査員(2016.12-2018.3、2018.6-)

最新のレポート・コラム

さらに表示