1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. コロナ禍で警戒すべき新興国はどこか?

コロナ禍で警戒すべき新興国はどこか?

新興18カ国を対象に四つの観点から多面的に検討

2020年05月25日

経済調査部 シニアエコノミスト 神田 慶司

経済調査部 研究員 田村 統久

経済調査部 エコノミスト 岸川 和馬

経済調査部 研究員 和田 恵

サマリー

◆新型コロナウイルスの感染拡大により、新興国の債務不履行リスク(以下、債務リスク)が高まっている。新興18カ国を対象に、「2019年時点の債務リスク」「新型コロナ感染拡大リスク」「原油安」「債務不履行時の対外波及度」の四つの観点から多面的に検討した。その結果、南アフリカ、サウジアラビア、ロシア、ブラジル、トルコの債務リスクが比較的高まっており、今後、特に警戒が必要である。

◆債務リスクが顕在化すれば、こうした国の債権を多く保有する米国、英国などの先進国にも悪影響を及ぼす。とりわけスペインは、新型コロナウイルスによる経済的打撃が大きく、財政状況はコロナ・ショック前から悪かった。新興国の債務リスクの発現がスペインの財政を悪化させ、欧州各国に悪影響が波及する可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート