1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2021年7-9月期GDP(2次速報)

2021年7-9月期GDP(2次速報)

自動車減産や宣言などによる経済活動の低迷が改めて確認された内容

2021年12月08日

経済調査部 シニアエコノミスト 神田 慶司

経済調査部 エコノミスト 小林 若葉

サマリー

◆2021年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率▲3.6%(前期比▲0.9%)に改定され、1次速報値の同▲3.0%から伸び率が低下した。需要項目別に見ると、設備投資や住宅投資、輸出入が上方修正された。一方、個人消費や民間在庫、公需は下方修正された。部品調達難による自動車減産や緊急事態宣言の発出などを受け、7-9月期に経済活動が低迷したことが改めて確認された。

◆10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+7.6%と見込んでいる。新型コロナウイルスのオミクロン株の動向には引き続き警戒が必要だが、経済活動の正常化が進んでいることや自動車販売の回復により、個人消費はサービスと耐久財を中心に拡大するだろう。輸出や設備投資などの需要項目も増加する見込みである。10-12月期の実質GDPは感染拡大前(2019年10-12月期)の水準をおおむね回復し、2022年1-3月期には明確に超えるとみている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加