1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 経済予測
  5. 日本経済見通し:2020年11月

日本経済見通し:2020年11月

経済見通しを改訂/景気回復が続くも、感染爆発懸念は強まる

2020年11月20日

経済調査部 シニアエコノミスト 神田 慶司

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

経済調査部 研究員 田村 統久

サマリー

◆7-9月期のGDP発表を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP見通しは2020年度が▲5.5%、2021年度が+3.2%である。7-9月期の実質GDPは大幅なプラス成長となったものの、10-12月期以降の回復ペースは緩やかなものにとどまろう。メインシナリオにおける失業率は、2020年末頃をピークに低下傾向に転じ、2021年で3.0%と見込む。

◆足元では、感染爆発が生じ4、5月のような緊急事態宣言の発出やロックダウン等を余儀なくされる可能性が国内外で急速に高まっている。リスクシナリオでは2021年の前半と後半に二度、日米欧で感染爆発が起きると想定した。その場合、2021年の実質GDP成長率はメインシナリオの+2.0%から▲0.8%まで低下し、失業率は4.9%まで上昇する見込みだ。この失業率の見通しには雇用調整助成金の拡充措置の延長などが想定されており、仮にこうした企業支援策が実施されない場合は6%を超えるような大幅な上昇が起きるだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加