1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2021年1-3月期GDP(1次速報)

2021年1-3月期GDP(1次速報)

年初の宣言を受けて個人消費などが減少。4-6月期もマイナス成長へ

2021年05月18日

経済調査部 シニアエコノミスト 神田 慶司

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

サマリー

◆2021年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率▲5.1%と市場予想を下回った。新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、年初に2回目となる緊急事態宣言(以下、宣言)が発出されたことで個人消費を中心に落ち込んだ。需要項目別に見ると、個人消費のほか、設備投資や政府消費、公共投資が実質GDPを押し下げた。一方、輸出は3四半期連続で増加し、住宅投資や民間在庫変動も増加に寄与した。

◆4-6月期の実質GDP成長率は宣言が6月末まで延長されるとの想定のもと、前期比年率▲3%程度と2四半期連続のマイナス成長を見込んでいる。宣言の発出・延長を受け、個人消費を中心に落ち込むだろう。7-9月期は経済活動の再開で高めの成長率になり、その後は緩やかな回復基調が続くとみている。実質GDPが感染拡大前のピークだった2019年7-9月期の水準を回復するのは2022年7-9月期頃になろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加