1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2020年4-6月期GDP(2次速報)

2020年4-6月期GDP(2次速報)

実質GDP成長率の下方修正幅はわずかだが内容は悪い

2020年09月08日

経済調査部 シニアエコノミスト 神田 慶司

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

サマリー

◆2020年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲28.1%(前期比▲7.9%)と、1次速報値の前期比年率▲27.8%から減少率がわずかに拡大した。市場予想に近い改定幅だったものの、設備投資が市場予想を超えて下方修正され、在庫が予想以上に増加した点で内容は悪い。

◆7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率+13.2%を見込んでいる。ただし4-6月期のGDP減少額の約4割を埋める程度の回復にとどまり、その後の成長率は徐々に減速する見通しだ。個人消費では財消費の回復傾向が続くとみられる半面、感染への懸念から対面や移動を伴うサービス消費の動きは鈍いだろう。輸出は中国向けが底堅く推移する一方、工場稼働率が低迷する欧米向けは一般機械などの資本財輸出が重石となるとみられる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート