1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 新型コロナによる活動自粛で個人消費はどの程度抑制されたのか

新型コロナによる活動自粛で個人消費はどの程度抑制されたのか

4月の消費抑制額は2.2~3.1兆円程度

2020年06月29日

経済調査部 研究員 山口 茜

経済調査部 シニアエコノミスト 神田 慶司

サマリー

◆新型コロナウイルス感染拡大に伴う活動自粛で、個人消費が3~5月にどの程度抑制されたのかを試算した。GDPベースの個人消費は2020年3月に0.9~1.5兆円程度、緊急事態宣言が出された4月に2.2~3.1兆円程度抑制されたとみられる。各種データの結果を踏まえ、仮に5月の消費抑制額が4月と同程度だったと仮定すると、3~5月の3カ月間で消費は5.3~7.8兆円程度抑制された計算になる。

◆4月の消費抑制額(1月比)の約8割はサービスであった。さらにサービスについて費目別に見ると、「外食」(4月のサービス消費抑制額のうち37%)、「娯楽」(同21%)、「交通」(同16%)、「旅行」(同11%)、「宿泊」(同10%)、「冠婚葬祭」(同4%)などが減少した。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート