1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 1都3県への緊急事態宣言で21年1-3月期はマイナス成長へ

1都3県への緊急事態宣言で21年1-3月期はマイナス成長へ

GDPへの影響は1カ月当たり最大▲1.4兆円、現実的には▲0.9兆円か

2021年01月05日

経済調査部 シニアエコノミスト 神田 慶司

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

サマリー

◆菅首相は1都3県への緊急事態宣言について1月7日に決定する方針を表明した。2020年春に発出された全都道府県への緊急事態宣言は、実質GDPを1カ月当たり3.1兆円程度減少させたとみられる。今回は対象地域が絞られており、飲食店を中心に営業活動が抑制されることから、実質GDPの減少額はGo To キャンペーンの一時停止の影響を含めて最大1.4兆円程度、現実的には0.9兆円程度と見込まれる。

◆宣言の再発出により、2021年1-3月期に実質GDPがマイナス成長になる可能性は高い。今後懸念されるのは、景気が宣言の発出後にどこまで悪化するかである。仮に感染拡大を抑え込むことができず、対象地域の拡大や実施期間の長期化、経済活動の抑制の厳格化が実施されれば、景気が腰折れするリスクは急速に高まる。雇用調整リスクが同時に高まる点にも注意が必要だ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加