1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2020年10-12月期GDP(2次速報)

2020年10-12月期GDP(2次速報)

在庫減等により下方修正。内外需の回復が改めて確認された内容

2021年03月09日

経済調査部 シニアエコノミスト 神田 慶司

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

サマリー

◆2020年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+11.7%(前期比+2.8%)と、1次速報値の同+12.7%から下方修正された。その主な要因は民間在庫の減少である。設備投資や政府消費は下方修正されたが、高めの増加率は維持された。公共投資は上方修正された。コロナショック後の景気の回復ペースが当初の想定よりもかなり速いことが改めて確認された内容といえる。

◆2021年1-3月期の実質GDP成長率は、緊急事態宣言が3月21日に全面解除されるとの想定のもと、前期比年率▲5.1%程度と3四半期ぶりのマイナス成長を見込んでいる。4-6月期は経済活動の再開で高めのプラス成長となり、その後はワクチンの普及や外部環境の改善などが後押しする形で緩やかな回復が継続する見込みである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート