1. トップ
  2. パブリシティ
  3. 書籍
  4. 物価迷走 ——インフレーションとは何か

物価迷走 ——インフレーションとは何か

物価迷走 ——インフレーションとは何か

  • 定価:

    705円(税別)

  • 著者:

    原田 泰/神田 慶司

  • 発行:

    2008年11月10日発行

  • 発行所:

    株式会社角川書店

内容

穀物や石油の価格の急激な値上がりが日本を襲っている。物価はこのまま上がり続けるのか?そしてインフレの懸念は?価格上昇のメカニズムから、海外の物価上昇の例などを元に未来を予測する。

目次

  • 序章

    物価が上がるとどうなるのか
    ・インフレーションにおける物価とは何か
    ・物価が上がると何が困るのか
    ・なぜ実感としての物価上昇率は高くなるのか
    ・なぜ物価が上がるのか
    ・本書の構成

  • 第1章

    原油価格はなぜ上がったか
    ・米国における原油価格の動き
    ・日本における原油価格の動き
    ・原油価格はどうやって決まるか
    ・原油価格は先物取引主導
    ・ドル価値の下落が原油価格を上げている
    ・穀物が上昇した構造的な要因
    ・鉄鉱石と石炭の上昇理由は原油や穀物と異なる
    ・資源価格の高騰は需給か投機か
    ・原油価格は上昇するのか?
    ・投機は現在の価格を上げるが将来の価格を下げる
    ・この章のまとめ

  • 第2章

    資源価格と物価の関係
    ・価格に占める資源価格の割合
    ・原油が2倍になったときの価格上昇率は?
    ・原材料価格ほど消費者物価が上昇していない他の理由
    ・世界の中で、日本の物価上昇率は絶対的・相対的に低い
    ・物価は3つの要素に分けられる
    ・前年同期比で見ると明確
    ・第一次石油ショックで、なぜ日本の物価は上がったのか
    ・インフレを説明するのに重要な賃金の動き
    ・資源価格高騰の本質
    ・金融政策と賃金
    ・日本銀行の物価へのスタンス
    ・この章のまとめ

  • 第3章

    インフレーションとは何か
    ・一般物価と価格の違い
    ・なぜインフレは悪いのか
    ・戦後日本の物価の動き
    ・原油高騰で上昇する消費者物価と下落するGDPデフレーター
    ・地域別にみた消費者物価
    ・資産インフレ
    ・インフレーションと為替レート
    ・インフレーションと金利
    ・物価を無理やりに抑えるとどうなるか
    ・この章のまとめ

  • 第4章

    なぜインフレになるのか
    ・金融政策が物価を決める
    ・需給ギャップとインフレ
    ・貨幣数量理論
    ・貨幣数量理論は現実を説明できるか
    ・将来のマネーが現在の物価を決める
    ・マネーとは何か
    ・M1、M2、広議流動性とは
    ・マネーと物価の関係を国際的に見る
    ・どうすればいいのか
    ・マネーストックはどうしたら抑えられるのか
    ・マネタリーベースはなぜ重要なのか
    ・マネタリーベースとマネーの関係
    ・マネタリーベースを抑えることができる
    ・中央銀行の独立性
    ・この章のまとめ

  • 第5章

    先進国のインフレ
    ・先進国も70年代、80年代には10%以上のインフレだった
    ・マネーの安定が物価の安定をもたらした
    ・物価と失業のトレードオフ
    ・日本では状況は異なっていた
    ・スタグフレーションの発生
    ・なぜスタグフレーションになるのか
    ・スタグフレーションは起きるのか
    ・EUの物価と金融政策
    ・ECBの共通金融政策はデフレをもたらすか
    ・この章のまとめ

  • 第6章

    世界のインフレ
    ・ジンバブエのインフレーション
    ・物価が上がったのはマネーが増えたから
    ・なぜマネーが増えたのか
    ・チャドのデフレーション
    ・BRICsのインフレーション
    ・中国のインフレーション
    ・中南米のインフレーション
    ・この章のまとめ

  • 第7章

    世界史の中のインフレ
    ・アレクサンダー大王の東征がもたらしたインフレ
    ・16-17世紀の価格革命
    ・第一次世界大戦後のハイパーインフレーションの経験
    ・ドイツのハイパーインフレ
    ・オーストリアのハイパーインフレ
    ・ハンガリーのハイパーインフレ
    ・ポーランドのハイパーインフレ
    ・チェコスロバキアはインフレにならなかった
    ・第二次世界大戦後ハンガリーのハイパーインフレーション
    ・日本の歴史上のインフレ
    ・幕末のインフレ
    ・日本の敗戦後の急激なインフレ
    ・この章のまとめ

著者リンク

書籍TOPへ戻る