1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2020年10-12月期GDP(1次速報)予測~前期比年率+6.3%を予想

2020年10-12月期GDP(1次速報)予測~前期比年率+6.3%を予想

内外需ともに回復が継続するも、1-3月期はマイナス成長へ

2021年01月29日

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

経済調査部 シニアエコノミスト 神田 慶司

サマリー

◆2021年2月15日公表予定の2020年10-12月期のGDP速報値(1次速報)では、実質GDPが前期比年率+6.3%(前期比+1.5%)と、2四半期連続のプラス成長を予想する。2020年末にかけて国内外で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化したものの、10-12月期で均してみればコロナショックからの回復基調が継続したとみられる。ただし、実質GDPの水準は依然として感染拡大前を大きく下回る見通しである。

◆【内需】個人消費はGo Toキャンペーンが追い風となり増加を見込む。また、設備投資も設備稼働率の上昇を受けて増加に転じたとみられる。一方、住宅投資は減少が続いたと予想する。公需に関しては、公共投資は増加、政府消費は横ばいを見込む。

◆【外需】輸出は世界経済の回復を背景に大幅な増加を見込む。輸入も内需の回復を背景に増加したとみられるものの、輸出と比べると増加幅が緩やかだったことから、外需寄与度は2四半期連続でプラスになる見込みだ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート