1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2020年4-6月期GDP(1次速報)

2020年4-6月期GDP(1次速報)

内外需が総崩れ。前期比年率▲27.8%と戦後最大の落ち込み

2020年08月17日

経済調査部 シニアエコノミスト 神田 慶司

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

サマリー

◆2020年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲27.8%(前期比▲7.8%)と、市場予想(前期比年率▲27.1%)並みであった。リーマン・ショック後の2009年1-3月期に記録した同▲17.8%を超え、現行統計史上最大の減少率となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、国内外で実施された経済活動の厳しい制限・自粛要請により、内外需ともに大幅に悪化した。

◆7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率+10%超を見込んでいる。4-6月期に経済活動が停滞した反動という面が大きい。その後は前期比で見た成長率のプラス幅が縮小していき、2020年度では前年比▲6%程度の見込みだ。もっとも足元では国内で感染が再拡大している。感染爆発に発展すれば全国で緊急事態宣言が再発出され、景気が二番底をつける可能性も否定できない。社会経済活動と感染拡大防止の両立に向けた試行錯誤が国内外で行われる中、景気下振れリスクの大きい状況が当面続くだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート