1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. 長期投資VS短期志向
  6. 長期投資の拡大を目指すフランスの2倍議決権制度

長期投資の拡大を目指すフランスの2倍議決権制度

長期投資VS短期志向 第11回

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

長期投資の具体的なあり方として株式などを購入後、売却せずに長期間保有し続けることであるとするなら、そうした長期投資を促すための方策を考えるのはさほど難しいことではありません。長期間保有している株主には、株主総会における議決権の数を増やすなどの利益を与えることで、売却せずに持ち続けようとする動機が生まれるのではないでしょうか。フランスでは長期保有の場合には、2倍の議決権を与えることを内容とする会社法の改正が既に行われています。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム