1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. 長期投資VS短期志向
  6. 長期投資を拡大するための四半期開示見直し

長期投資を拡大するための四半期開示見直し

長期投資VS短期志向 第12回

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

長期投資とは、投資家と投資先企業とが対話を行い、企業の中長期的な成長の方策について意見を戦わせることで、企業の価値を高めようとする投資家の行動を言うとの考え方があります。この意味での長期投資が充分に行われていない理由として、短期志向を助長するような情報が開示されているからだとの見解がしばしば表明されます。特に四半期ごとの業績や予想に関する情報に、投資家だけでなく経営者自身が過敏に反応し、長期的な企業経営が実現せず、投資家の中長期的利益も損なわれているとの批判があります。その結果、長期投資の促進策を考える上では、四半期開示制度を改めるべきであるとの主張が力を持ってくることになります。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム