1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. 長期投資VS短期志向
  6. いろいろな定義がある「長期投資」

いろいろな定義がある「長期投資」

長期投資VS短期志向 第2回

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

サマリー

長期投資とは、いったいどのような投資をすることでしょうか。筆者の職場は、証券系シンクタンクですが、ここで長期投資とはどのようなものかを尋ねると、大抵、保有期間が長い投資であるとの答えを聞かされることになります。しかし、マネー雑誌を開くと、投資信託などを定期的に、定額分だけ買い付ける投資のことを長期投資と記しているのを見かけることが多いようです。さらに、企業経営に関する長期的な見通しを材料に投資をすることを長期投資であるとの答えも最近では多く聞かれるようになりました。


これらは、長期投資と言う同じ用語で語られるのですが、それぞれ相当異なることが分かるでしょう。今回は、証券投資の業界で「長期投資」という用語がどのような意味で使われてきたか、簡単に解説します。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート