1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. 長期投資VS短期志向
  6. 株主総会での議決権行使と長期投資

株主総会での議決権行使と長期投資

長期投資VS短期志向 第7回

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

サマリー

投資家が投資先企業と対話をするための端緒として、株主総会が考えられます。株主総会は、定期的に開催され、議案や報告事項に関連した様々な質疑が行われます。企業の長期的な価値に影響を及ぼすかもしれない様々なことが話し合われ、決定される場面ですから、株主の中には強い関心をもって株主総会に臨む人もいます。機関投資家が株主総会の会場に姿を現すことはあまりありませんが、総会議案への議決権行使を適正に行うことを、機関投資家は期待されています。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート