1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. 長期投資VS短期志向
  6. 手段としてのエンゲージメントと議決権行使

手段としてのエンゲージメントと議決権行使

長期投資VS短期志向 第8回

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

長期投資とは、投資家が投資先企業と対話(エンゲージメント)をすることや、投資先企業の株主総会の議案に対して議決権を行使することであるとの見解を紹介してきました。しかし、エンゲージメントや議決権行使それ自体は、単なる手段であって、長期投資とも短期志向とも直接関係していません。


今回は、長期投資における期待されるエンゲージメントや議決権行使に関連する周辺的な状況を概観します。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム