1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. 長期投資VS短期志向
  6. 機関投資家の報酬(手数料)設計の見直し

機関投資家の報酬(手数料)設計の見直し

長期投資VS短期志向 第13回

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

長期投資の実現を訴える政策提言の多くは、長期投資の担い手になることを期待される機関投資家が短期志向に陥っているのは、機関投資家側においても短期的な成果に重きを置くようにする方向での動機付けが働いているからだと主張しています。運用成果が短期的に計測されて、それに応じて支払われる報酬額も決まるなら、機関投資家は、短期で成果を上げようとするでしょう。そのため、運用成果や報酬算定の評価期間を長期的に行うことが、短期志向を克服する方策として検討されます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム