1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 入門コーナー
  4. 金融入門
  5. なるほどNISA
  6. 政府が期待する活用方法と各社の対応-年1回決算・ノーロードの投資信託-

政府が期待する活用方法と各社の対応-年1回決算・ノーロードの投資信託-

なるほどNISA 第7回(後編)

2014年06月13日

金融調査部 主任研究員 是枝 俊悟

サマリー

これまで金融機関の中には投資信託の販売手数料を重視し、頻繁な投資信託の「乗り換え」を勧誘するケースもあったとされます。また、毎月の安定収入を得たいとする顧客のニーズに合わせた毎月分配型投資信託が投資家の高い人気を得ていました。しかし、頻繁な投資信託の「乗り換え」や高頻度の分配金の支払は、運用効率からすれば望ましいとは言えません。もっとも、NISA 導入を契機として、金融機関は年1回決算の投資信託や販売手数料無料の投資信託の取り扱いを増やしています。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート

レポート・コラム